Top > イナバ式皮下組織削除法によるわきが治療

イナバ式皮下組織削除法によるわきが治療

わきがの臭いを何とかしたいと願っている人は多く、そのための治療法もいろいろと開発されています。
わきが治療のイナバ式皮下組織削除法とは、故・稲葉博士が開発したわきがの治療方法で、この技術は、わきが治療として確実性が高い治療法であることが認められ、日本医師会から最高優功賞が与えられました。
イナバ式皮下組織削除法によるわきが治療は、稲葉博士が考案した、皮下組織削除器というカミソリの刃がついた特殊な器具を使って行われます。
脇の下を1センチほど切開し、そこから皮下組織削除器を差し込んでわきがの治療を行ないます。
これは、わきがの原因であるアポクリン腺を脇の皮膚の裏側から一気に削り取るという治療法で、60%~80%の人に効果があるようです。
イナバ式皮下組織削除法で治療を行なうと、脇の下皮膚を厚さ1ミリ程度まで削ることができるため、わきがの原因のアポクリン腺や腋毛の再生がほとんど起こりません。
さまざまな治療法のあるわきが治療ですが、中には行ってもあまり効果が期待できないという手術等もあるので、治療の際にはしっかりと確認しましょう。
わきが治療の効果が高い手術には、このイナバ式皮下組織削除法以外には、剪除法なども効果が高いと言われています。

 

 海でアルバイト  遊園地のアルバイト  温泉地のアルバイト  ディズニーランドのアルバイト
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
わきがの手術法の比較(2009年6月 5日)
イナバ式皮下組織削除法によるわきが治療(2009年6月 5日)
剪除法によるわきが手術(2009年6月 5日)
クアドラカット法によるわきが手術(2009年6月 5日)
わきが手術にかかる費用(2009年6月 5日)