Top > 剪除法によるわきが手術

剪除法によるわきが手術

わきがの臭いを完全に取り去るためには、やはり外科的な手術が一番効果的なようです。わきがの手術には、脇の下のシワに沿って4cmほど切開して行なう剪除法というものがあります。
剪除法によるわきが手術の手順は、脇の下の皮膚を剥離して裏返し、アポクリン腺とエクリン腺を一つ一つ目で確認しながら切除していきます。そのため、他のわきがの手術よりも手術時間が長くかかるようです。
剪除法によるわきが手術にかかる時間は両脇1時間程度のようです。わきが手術としてよく行なわれている剪除法による手術ですが、広範囲の処置が行ないにくい、傷跡が残りやすいという欠点もあるようです。
剪除法によるわきが手術をした当日は手術した部分を包帯でしっかりと圧迫し、手を上げたり、重いものを持つというようなことは避ける必要があります。
わきが手術をした部分を濡らさなければその日からシャワーは可能ですが、入浴はできません。
次の日も、手を上げたり、重いものを持つことは避けるように指導され、2日目になると、やっとわきが手術の部分を圧迫していた包帯が除去されます。
抜糸まで7日ほどかかってしまったり、他のわきが手術に比べて術後の処置を厳重に行わなければならなかったりということで、剪除法による手術を敬遠する人もいるようです。

 

 ボイストレーニング  人気のアルバイト  カフェのアルバイト  夏休みのアルバイト
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
わきがの手術法の比較(2009年6月 5日)
イナバ式皮下組織削除法によるわきが治療(2009年6月 5日)
剪除法によるわきが手術(2009年6月 5日)
クアドラカット法によるわきが手術(2009年6月 5日)
わきが手術にかかる費用(2009年6月 5日)