Top > クアドラカット法によるわきが手術

クアドラカット法によるわきが手術

わきがの治療として行なわれる外科的手術の方法に、クアドラカット法というものがあります。この手術は局所麻酔により行われ、脇の下を5㎜ほど切開して、クアドラカットメスという特殊な器具を使ってわきがの原因となる汗腺を可能な限り取り除くというものです。
この手術の特徴としては、術後の合併症がほとんどなく、わきがの治療効果がとても高いということがいえるようです。わきが治療として行うクアドラカット法による手術を受けるとほぼ永久的に治療効果が持続します。
脇の下の切開も5㎜程度と小さくて済む手術であるため、術後はすぐに帰宅することができ、その後の通院回数も少なくてすむと言うこともクアドラカット法によるわきが手術を行うメリットと言えそうです。
また、術後の肩挙上禁止の期間も1~2週間と短くてすむこともクアドラカット法によるわきが手術の特徴です。
クアドラカット法の手術にかかる時間は片方で約60分ですが、傷跡も小さく、運動制限の期間も短く術後の経過も軽い手術なので両方同時にわきが手術を受ける人が多いようです。
クアドラカット法によるわきが手術は保険の適応となっていないため、両脇で40万円ほどの治療費が必要となります。

 

 あせも  エステサロンTBCで脱毛  エステ体験  ダイエット食品
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
わきがの手術法の比較(2009年6月 5日)
イナバ式皮下組織削除法によるわきが治療(2009年6月 5日)
剪除法によるわきが手術(2009年6月 5日)
クアドラカット法によるわきが手術(2009年6月 5日)
わきが手術にかかる費用(2009年6月 5日)