わきがの手術最新の記事

わきがの手術法の比較

わきがの手術法には、剪除法、吸引法、超音波などいろいろとあります。何種類もある治療法ですが、わきがの手術はどれも臭いの原因となる汗腺のアポクリン腺を取ることを目的としています。
剪除法と吸引法によるわきが手術を比較してみると、手術の際に切開する皮膚の長さは圧倒的に吸引法のほうが短く5~7ミリ程度で済み、対する剪除法は5センチほども切開が必要です。そのためわきが手術を受けた後の傷跡の起こり具合がかなり違います。
わきが手術にかかる時間を比較してみても、剪除法では1時間、吸引方では30分と差があります。
傷跡や手術時間だけを比べてみると吸引法によるわきが治療のほうがいいように思われますが、術後のわきがの臭いは剪除法のほうがきれいになくなっているようです。
剪除法は大きく術野を開いて行いますが、吸引法では小さな切開のみで手探りでの手術になるため、わきがの原因となるアポクリン腺を取り残すということも起こりがちなようです。
そのため、吸引法のほうが手術をした後にも臭いが気になるという人が多くいます。
傷跡が残ることを気にするのか、わきがの臭いが残ることを気にするのか、何を優先させるかを考えて手術法を選択するようにしましょう。

わきがの手術について

わきがの手術法には、剪除法、吸引法、超音波などいろいろとあります。何種類もある治療法ですが、わきがの手術はどれも臭いの原因となる汗腺のアポクリン腺を取ることを目的としています。
カテゴリー
更新履歴
わきがの手術法の比較(2009年6月 5日)
イナバ式皮下組織削除法によるわきが治療(2009年6月 5日)
剪除法によるわきが手術(2009年6月 5日)
クアドラカット法によるわきが手術(2009年6月 5日)
わきが手術にかかる費用(2009年6月 5日)